セフレにしやすい女の子、3つの特徴

したいときに会ってすることができる「セフレ」がいたら、充実した時間が過ごせると思います。もちろん、欲望を満たすだけが充実感につながるとまでは言いませんが、そうした相手がいないよりはいた方がいいでしょう。

そこで、セフレにしやすい女の子の特徴を3つほど挙げてみます。以下を参考にすればあなたにもセフレを作ることができるかもしれませんよ。

しょうもない事で悩んだりする女の子

些細なことで悩んだりする女の子というのは、その悩みを誰かに話したいと思うはずです。そのせいか色々と愚痴をいったり、何かと相談にのってほしいと言ってきたりします。つまり、こうした傾向が意味するのは、そういった女の子は「寂しがりや」ということ。寂しがりやの女の子はかなり狙い目です。

もちろん最初からガンガンに攻めるというわけではなく、ちょっとした耐え忍ぶ期間が必要になってきます。女の子の悩みや愚痴を聞いてあげるということを耐え忍ぶわけですね。勘違いしないでほしいのは、ここで気のきいたアドバイスなどを言う必要はないということ。そのような配慮は必要ありません。

女の子が求めているのはアドバイスではなくて「話を聞いてもらえること」だからです。ですから、「親身になって聞いている」という態度を示せば、ちょっとしたら警戒心もとけて、いつの間にか身体を触りあう関係になっていることでしょう。

ボディタッチに拒否を示さない女の子

これは比較的わかりやすいですね。ある意味そのまんまです。ただし、タッチしていいかどうかを判断するのが少々難しいところ。その判断地点にいくまでは牽制したり、駆け引きめいたことがもしかしたら必要かもしれません。

しかし、軽い下ネタトークをしたり、そっち方面の話題で盛り上がってからのボディタッチという黄金の流れができれば、もう決まりみたいなもんです。1度ボディタッチが許されてしまえば、もう雰囲気が「そんな感じ」に流れていきます。

お酒好きな女の子

この条件もけっこうわかりやすいものです。ご存知の通り、アルコールは色々なところをゆるませてしまいます。その気のゆるみにツケ込んで…と表現すると言い方が悪いかもしれませんが、これは紛れもない事実ですからね。

ちょっとオシャレで雰囲気の良いバーなどで美味しいお酒を飲ませてあげると、ビックリするほど簡単にコロリといっちゃう可能性もあります。